新着とりくみ・報告

メニュー

原水協通信(大阪版)

原水爆禁止世界大会

関連ページ

お問い合わせ・ファイル送付

2017年7月 核兵器禁止条約の採択に対する談話

 
(談話)
「核兵器禁止条約の成立を心から歓迎する」

 人類史上初めて、核兵器禁止条約が国連加盟国の約三分の二に当たる122ヵ国の賛成で7月7日採択されました。

 この歴史的・画期的快挙を心から歓迎するものです。
 この条約によって核兵器は違法となり、その「開発、実験、生産、製造、取得、所有、貯蔵」が禁止されるとともに、「使用と使用の威嚇」も禁止されます。  

 また核兵器の完全廃絶に向けて核保有国の条約参加への道も規定されており、文字通り「核兵器のない世界」に向かって新たな一歩を踏み出したと言えます。
 この条約を成立させた原動力は、「再び被爆者をつくるな」と願い、訴え続けてきた被爆者を先頭にした私たちの草の根の世論と運動であり、これに呼応し共同してきた非保有国政府の努力です。

 次のステップとして、この条約への調印、批准への態度が各国政府に求められます。恥ずべき事に日本政府は、アメリカの核の傘に依存し、核抑止力論の立場から、2回にわたる核兵器禁止条約会議をボイコットしてきました。
 「唯一の被爆国」を口にしつつも、核兵器禁止条約の会議を欠席し反対を表明する日本政府の対応は、核兵器のない平和な世界を願う日本と世界諸国民を裏切るものであり断じて容認できません。

 一日も早い日本政府の調印、批准を強く求め、日本政府の態度を変えさせるためにも「ヒバクシャ国際署名」を更に広げ、世論で包囲することが重要です。
 共同をひろげ、地域ぐるみ、自治体ぐるみの運動に発展させましょう。   

 また禁止条約成立後初めての原水爆禁止2017年世界大会は、世界中が注目し期待する大会として、何としても大成功させることが求められています。直ちに職場・団体・地域から広島、長崎への代表派遣の準備を進めてください。

 条約成立に至る皆さんのこれまでの奮闘に心から敬意を表するとともに、核兵器のない世界にむけて新たな前進を開始しましょう。

 2017年7月8日  大阪原水協理事長  岩田幸雄




《連絡先等》

正式名
原水爆禁止大阪府協議会
住 所
大阪市中央区谷町7-3-4 新谷町第三ビル210号
電話・FAX
℡ 06-6765-2552 FAX 06-6765-2837