大阪原水協のホームページにようこそ



核兵器が人類を滅ぼす前に核兵器をなくそう!

《10/24~30国連軍縮週間》
大阪原水協国連軍縮週間のつどいを開催

 10月29日(土)大阪原水協は、グリーン会館2階大ホールにおいて、国連軍縮週間のつどいを開催しました。三宅事務局次長の司会で開会され、川辺理事長のあいさつの後、講師の笠井さんの講演が60分行われ、橋口事務局長の行動提起の後、各団体より発言がありました。

 「発言1」西淀川原水協の矢野さんからは、今年の広島大会へ若い人が多く参加したこと。被団協の方との交流や帰ってきて、被爆体験伝承者を招いての報告集会の取り組みなどが報告されました。

 「発言2」民医連の庄司さんからは、今年の原水禁大会に参加した、若手職員の感想なども出され、何より広島に行けたことが大きな成果につながっているとの報告がありました。現地に参加することによって、感動が素直に伝わってくること、報告集会での感想も出されました。

 各地域・団体で取り組んだ行動を記事にして、是非、大阪原水協迄お送りください。写真があれば、その部分の内容や個人の感想なども添えて送っていただければ、メール版にして共有していきたいと思っています。

  また、署名についても、皆さんの奮闘で、10万筆までもう少しのところまで来ています。署名は、下記の通りの到達になっています。毎月22日には各団体からの報告を集計して載せています。

  コロナも治まることなく増えています。その上、インフルエンザの流行も言われています。体調には充分気を付けて活動してください!





◆日本原水協の安井正和事務局長は本日、北朝鮮の弾道ミサイル発射に抗議し、談話を発表


《抗議談話》

北朝鮮の弾道ミサイル発射に断固抗議する



 本日、北朝鮮は弾道ミサイルを発射し、日本の上空を通過した。平時に、しかも無通告で弾道ミサイルを発射するなどということは、日本にも、北朝鮮にも、そして世界にとっても安全を損なう危険極まりない無法行為である。国連安保理決議に違反し、アジアと世界の平和に逆行するものであり断固抗議する。

 東アジアの平和と安全のためにも、北朝鮮がこうした挑発行為をただちに止め、弾道ミサイルを含め、核兵器関連のあらゆる活動を中止することを強く求める。

 




2022年10月4日  原水爆禁止日本協議会事務局長
安井 正和





《抗議文》プーチン大統領のたび重なる核脅迫発言に断固抗議する!


《抗議文》

プーチン大統領のたび重なる核脅迫発言に断固抗議する!


ロシア連邦大統領 ウラジーミル・プーチン殿


 貴職は、9月21日、ロシア国民向けのテレビ演説で、NATO加盟国に対して「ロシア領土の保全が脅威にさらされれば、われわれは、手持ちの全ての兵器を使う」「はったりではない」と述べ、再び核脅迫をおこないました。断固抗議します。

 核兵器の使用がもたらすものは、広島と長崎への原爆投下が示しているように、大量破壊と非人道的な破滅的結末しかありません。核兵器は、人間として死ぬことも、人間らしく生きることも許さない、「絶滅」だけを目的とした「絶対悪」の兵器であり、その保有も使用も許されません。

 貴職の発言は、平和と人類の生存に対する重大な挑戦であり、国連憲章とそれに基づく平和のルール、核兵器廃絶にかかわる国際合意を踏みにじるものです。

 主権国家に対する侵略と領土拡張は国連憲章が禁ずる明白な違反行為にほかなりません。ウクライナへの侵略を停止し、ロシア軍は即時撤退すべきです。

 被爆国の運動として強く抗議し、国連憲章の順守と紛争の平和解決、核兵器の全面的廃絶のために誠実に行動するよう強く要求します。



2022年9月22日  原水爆禁止日本協議会
原水爆禁止大阪府協議会

核兵器が人類を滅ぼす前に核兵器をなくそう!

核兵器の使用を許さない!

 原水爆禁止2022年世界大会は8月4日から9日まで「被爆者とともに、核兵器のない平和で公正な社会を―人類と地球のために」をテーマに3年ぶりに被爆地広島と長崎で開催され、全国をオンラインで結びました。世界大会には14の国と地域から政府代表3人と国際団体や各国NGOの代表合わせて24人が参加、それぞれ国際法となった核兵器禁止条約を力に市民社会と国連、各国政府との共同で核兵器のない世界を実現していくことを呼びかけました。

 世界大会は広島宣言を採択し、「核兵器のない平和で公正な世界」の実現に向け、被爆の実相を広げ、核兵器の使用と威嚇を許さない世論を構築すること、自国政府に禁止条約参加を求める運動を強めること、軍事費削減や外国軍基地撤去、軍事同盟解消、戦争被害者支援などの運動との共同、気候危機やジェンダー平等、暮らしといのち、人権擁護などの運動や幅広い世代との連帯の発展を、日本と世界に呼びかました。



《2022年9月の6・9宣伝ビラです。街頭での宣伝行動にご利用ください》

《PDFファイルはコチラ》




2022年国民平和大行進府内行進ページはこちら

さあ!国民平和大行進・世界大会へ

2022年度第2回団体・地域代表者会議を開催

 2022年5月26日社会福祉会館において、第2回団体・地域代表者会議を開催しました。
 司会進行は仁木さん(大阪自治労連)が行いました。
 最初、川辺理事長から、特に今のロシアの侵略は、NATO全体を巻き込んだ大戦争となり、世界の脅威となっている事、だからこそ、今年の平和行進は重要な意義を持っている事、核兵器廃絶・平和への願いを強く訴える行進そして広島の世界大会へと運動を大きくしなければならないと挨拶されました

 次に、橋口事務局長から、当面の取り組みの提案がなされました。
 現時点での、平和行進における本コースの時間や各地の状況、網の目コースの地域実行員会の状況などを中心に報告されました。又、広島の世界大会については200名規模の取り組みとなり、新幹線やホテルについても確保できている事、そして、参加費用についても提案されました。

 参加者からは、西淀川原水協からは、独自にバスをチャーターして20~26人で参加する予定で取組んでいるとの報告がありました。

 新婦人からは今年は新婦人60周年の年で60にこだわった取り組みをしている。ペナントも600本の目標は達成した。広島へは20人目標で呼びかけているとの発言がありました。


 まとめでは、再度、平和行進及び世界大会に向けて、各地域、団体での成功に向けての取り組みの強化を呼び掛けて会議を終了しました。

《毎月の署名到達の報告を大阪原水協までお願いします》



「核兵器禁止条約参加署名」共同提出行動報告

 4月22日、衆議院第1議員会館において「第1次共同提出行動」が行われました。提出署名は96万538筆が外務省に手渡されました。集会には国会議員として日本共産党・立憲民主党・れいわ新選組・無所属の議員のかたが来られ、会派代表があいさつをされました。共同呼びかけ人の日本被団協の田中照巳さんと児玉三智子さん、プロダイバーの武本匡弘さん、ライターの和田静香さんが出席され、それぞれあいさつされました。

《4月22日、署名提出国会行動に参加、提出しました》

 署名は外務省池松審議官に団体代表からと参加した都道府県代表から一人ずつ手渡しをしました。大阪原水協として橋口事務局長が参加し、署名を渡しました。大阪からの署名数は14,589筆を届けました。

《日本政府は核兵器禁止条約に参加を!
の声を更に大きく 6・9行動や地域行動の中で、署名を広げてください!》

 いよいよ、平和行進・世界大会が迫ってきました。
 地域の実行委員会が開催され、詳細の確定がすすんでいます。今年の平和行進は、ロシアのウクライナ侵略、核共有論、憲法改悪等かつてない情勢の中で行われます。参議院選挙真っただ中での行進となります。

 平和行進は、6月30日奈良から引き継いで7月7日まで兵庫への引き渡しまで、歩くことを基本に取り組みます。
 世界大会には、3年ぶりの現地開催となり大阪から200名規模の参加で取り組みます。詳細については、後日お知らせします。

 例年取り組んでいる、グッズの購入を昨年にもまして、広く呼び掛けていきましょう。
「折り鶴」が「平和のペナント」に生まれ変わりました。折り鶴を溶かして作られた再生紙で作られています。折り鶴に込められた思いがちりばめられています。

《各地域行動での貴重な経験を大阪原水協迄お寄せ下さい!》

 ロシアによるウクライナ侵略と核脅迫に対して、広範な人たち、特に若い世代の行動参加が、私たちに大きな勇気をもたらしています。
  街頭や集会での募金もこれまでにない集まりとなっています。また、行動の中で自らの意思を色々な形にして表現するなどこれまでにない変化が生まれています。

 今年の平和行進は従来の枠を超えて広く参加をよびかけ、戦争反対、憲法9条をまもり、核兵器廃絶を求める国民的行進として成功させましょう。

(「原水協通信490号」付録 大阪版より)





 2月24日、ロシアのウクライナ侵攻の報に、原水協はただちに抗議し、ロシア軍の即時戦闘停止と撤退を求めました。

 また、翌日には、ロシアの核部隊が特別警戒態勢におかれたことを受け、重ねてロ軍の撤退と核アラートの解除、核兵器廃絶の実行を強く要求しました。

 3月14日には、グテーレス国連事務総長が記者会見で、核兵器の使用が現実の危険になっていることを警告しました。原水協は唯一の被爆国の運動としてその特別の役割を発揮するよう、そのよびかけに応えなければなりません。侵略を非難する行動は世界に広がっています。国連総会では侵略を非難する決議が3月2日の決議(賛成141、反対5、棄権35)に続いて、3月24日の人道決議も圧倒的な大差で採択されました(140対5、棄権38)。

 現在の事態は、平和も安全も核兵器では守れないだけでなく、核による対抗は、 人類の絶滅に通じる最悪の手段であることを示しています。核の惨禍を防ぐ唯一の確実な道は、核兵器を禁止し、廃絶することです。 広島・長崎の被爆から77年のことし、世界はいま、ウクライナ反戦から6月の核兵器禁止条約第1回締約国会議、8月NPT再検討会議、そして原水爆禁止2022年世界大会と大きく動き出しています。 広島・長崎の被爆を原点とする日本の原水爆禁止運動が、大いにその役割を果 たせるよう、各地域から運動を拡げて行くことが重要となっています。


 





アーカイブ150704
<

新着とりくみ・報告

メニュー

2022年平和大行進

原水爆禁止世界大会

関連ページ

お問い合わせ・ファイル送付

 
 
     

当面のとりくみ日程・新着情報


《2022年11月6・9宣伝ビラ》

◆ダウンロードしてご利用ください


(PDF版)

《10月日本原水協宣伝ビラ》

◆ダウンロードしてご利用ください


(PDF版)



◆2023年版『いわさきちひろカレンダー』の申し込み& 被災地贈呈キャンペーン。

頒価(大阪) 1,540円
A2判・絵7枚



2022ちひろカレンダー

2022年11月 原水爆禁止大阪府協議会

「ちひろカレンダー」贈呈は
 2011年の東日本大震災と福島第一原発事故で被災されたみなさんに心を寄せた全国の多くの方が呼びかけに応えて募金活動に取り組んでいただき、岩手、宮城、福島をはじめ被災地の自治体、教育委員会を通じて避難所、小・中学校や、保育所、福祉施設などへと足を運んで、被災されたみなさんにカレンダーを手渡しました。

 それ以降、災害に見舞われた方なども含め、毎年かかさず「いわさきちひろカレンダー」の贈呈を続けています。命の尊さ、平和の尊さを繰り返し伝えていくことの大切さを実感します。子どものいろんな表情をとらえたちひろの描く子どもの姿に癒され、平和をねがい生きていく一助になれれば、幸いです。

 日本原水協としては、岩手で被災した福祉作業所、宮城の小・中学校、いわき市の小学校、熊本の人吉市の被災された方などに贈る予定です。


《詳細は11月号「原水協通信(大阪版)」を、そして申し込みは大阪原水協までお願いします》


2022年国民平和大行進府内行進とりくみページ


原水爆禁止2021年世界大会-ヒロシマデー集会ダイジェスト

原水爆禁止2021年世界大会-ナガサキデー集会ダイジェスト

《本政府に核兵器禁止条約の署名・批准を求める署名ポスター 》

◆ダウンロードしてご利用ください


(PDF版)



《「核兵器製造企業に融資するな!」の行動の一環として金融機関にアンケート調査 by 反核医師の会》
◆反核医師の会(大阪府歯科保険医協会の皆さん)が、「核兵器製造企業に融資するな!」の行動の一環として金融機関にアンケート調査を行いました。この運動は、オランダのPAXなど世界的な運動に広がっています。




《「唯一の戦争被爆国 日本政府に署名・批准を求める署名」オンライン署名スタート!》

◆画像をクリックして、
《Chang.org》サイトに移動してご賛同お願いします。



◆「原水協通信On The Web」には、スタート集会の動画や署名用紙、共同よびかけ人リスト、メッセージなどを載せています。


《唯一の戦争被爆国 日本政府に核兵器禁止条約の署名・批准を求める署名》

 新しく提起された、内閣総理大臣あての新しい署名用紙です。

◆ダウンロードしてご利用ください


(PDF版)






◆オンライン世界会議

-核兵器廃絶、気候危機の阻止と反転、社会的経済的正義のために(日本語通訳版 *通訳内容は公式訳ではありません) 2020年4月25日


ユーチュウブより


◆ユーチューブアドレス
https://youtu.be/jsAPtsXtJoQ